消費者金融などの金融業者を利用してお金をキャッシングして借りる場合には初めての契約時に必ず「審査」が行われます。

この審査は消費者金融や銀行系カードローン会社などの金融業者では必ず行われる事の一つであり、お金を借りる際には必要不可欠の事でもあります。

消費者金融の審査は新規でキャッシングを申し込む人に対して行われ、キャッシングの新規契約申し込み者の債務状況、つまりお金を借りている状況を信用情報調査機関に照会して行うのが通常です。

キャッシングを申し込んできた人が信用情報調査機関の照会結果によっては審査の段階で弾かれてしまう、つまり審査に不合格になるという事も珍しくありません。

消費者金融の審査で落ちてしまう人は主に、他社の消費者金融やクレジットカード会社から借金をしていて、なおかつそれらの借金額が信用情報調査機関の審査基準である借金限度額に達している場合などに審査に落ちてしまう事が多いです。

消費者金融の審査で合格する為にはまず大事な事として、「毎月決まった額のお給料が貰える仕事に就いている」事が大前提となります。

しかし、消費者金融では一定額までのキャッシングであれば学生やパート、そしてアルバイトや主婦の方でも収入が一定額定期的に入ってこない人達でも借りる事が可能な場合もあります。

消費者金融の審査では「職があり毎月お給料を稼いでいる事」と「他社の金融業者での借金が多くない事」を第一の条件として審査を行っています。