おまとめローンは複数の借り入れを一本化することで金利を引き下げ、かつ返済先を一箇所にまとめることで返済しやすくするためのものです。複数から送られてくる請求がひとつになるので、精神的にも楽になるというメリットがあります。

ただし、そんなおまとめローンも上手に利用しないと思わぬ落とし穴に落ちることがあります。おまとめローンの失敗としてよくあるのが、逆に借金が増えてしまったという事例です。

いくつものカードローンから借り入れを行っていたときにおまとめローンを利用すると、借り入れはおまとめローンのほうに移ります。すると持っている複数のカードの極度額はまるまる残っているので、そこから新たに借り入れをすることができてしまいます。おまとめローンの返済もあるのに新たに借金をするわけがない、とお考えの方がおられるかもしれませんが、複数の請求から解き放たれると、その開放感で人間の気持ちというものは思ったより緩んでしまうものです。気がついたときには持っている複数のカードの極度額いっぱいに借り入れをしてしまっており、借金が実に2倍になってしまったというような例もあるのです。

こういった悲劇を防ぐためには、おまとめローンを完全に返済できるまでカードを封印してしまうというのも良いです。手元にあるなら家族に預けても良いですし、それでも心配なら思い切って解約してしまうというのもひとつの方法です。おまとめローンの返済が終わればその実績を使っていくらでも新規にカードを作ることができます。とりあえずはおまとめローンの返済に集中できる環境を作ることが大事なのです。